初心者でも株ができる|銘柄をチェックしよう

お得な会員権購入方法

ボールとクラブ

便利になった会員権の売買

趣味が多様化している中で、さまざまなスポーツをレジャーとして楽しんでいる人たちがいます。特にゴルフには高度経済成長期からの根強い人気があります。若者から高齢者までの幅広い年齢層が同じフィールドでプレーを楽しめる点に、ゴルフというスポーツの魅力があるのです。ゴルフ人口は減少傾向にありますが、それでも全国で500万人以上の人が各地のゴルフ場でプレーしています。プレーには広大なフィールドを必要としますから、限られたゴルフ場を大勢の人が使っていくための優先順位は欠かせません。ビジターと呼ばれる一般客よりも優先的にプレーできるのが、ゴルフ会員権を持つ利用客です。このゴルフ会員権にもいろいろな種類があります。ゴルフ場や種別によっては競技会参加などの特典が見られ、ビジターと比べて利用料金も安く設定されているものです。同じ会員同士でゴルフ仲間ができるため、1人で予約しても楽しくプレーできる点に魅力を感じる人も少なくありません。こうしたゴルフ会員権は、名義変更の手続きを通じて売買することができます。現在では会員権取扱代理店を通じた売買が主流となっており、インターネットでも手軽に情報を検索できます。

会員権購入までの流れ

ゴルフ会員権には社団法人制や株主会員制といった種類もありますが、大半は預託金制を採用しています。法人会員と個人会員の2種類がある他、平日会員とすべての営業日にプレーできる正会員もあります。交通アクセスやコース選定によってある程度条件を絞り込んだら、条件に合うゴルフ場の会員権を探していくことになります。少しでも費用を安くするためには、やはりインターネットの情報を上手に活用することが欠かせません。ゴルフ会員権購入に必要とされる費用には名義書換料や年会費などが挙げられます。ゴルフ場によっては入会金や入会保証金が必要なところもあります。こうしたゴルフ会員権購入費用は、バブル期と比べて30分の1にまで安くなったと言われています。それぞれのゴルフ場によって加入条件があるため、申し込み後に審査が行われるのが普通です。無事契約が成立したらクラブメンバーとして登録され、優先的にプレーできるようになります。現在では取扱代理店を通じて以前より安価かつ手軽にゴルフ会員権を購入できるようになりました。信頼できる代理店を利用してクラブメンバーに登録されれば、ゴルフ仲間も増えてプレーの楽しみも倍増するのです。